赤ちゃんを産むために…体に良い原料をチェック!

妊活サプリは植物原料の製品がおすすめ

体に栄養成分を緩やかに浸透させたい場合には、植物原料が使われている妊活サプリを使うことがおすすめです。代表的なものには、人の形をしていることが由来の人参があり、有効成分としてサポニンを含んでいます。一般的には高麗人参と呼ばれますが、生薬としては温性で気を補う作用があるため、漢方では弱った元気を取り戻すために多用されています。同時に血液の流れを整える働きもあるため、妊活サプリに配合される葉酸とは絶妙に調和します。

 

妊活サプリに配合される生薬としては、食材としてもお馴染みの生姜があり、高麗人参と一緒に使われることがあります。生姜は根茎の部分を利用する生薬で、辛味と温性の性質が特徴となっています。有効成分のショウガオールやジンゲロールは、体を芯から温めて、血流を改善させる働きがあります。

 

最近の妊活サプリの材料としては、マカも人気が高く、滋養強壮の作用が注目を集めています。妊活のためには、多種多彩なアミノ酸を効率よく吸収する必要がありますが、実際には非常に難しいことです。このような問題に対して、マカは大変に有効に作用して、活力不足の悩みを解消してくれます。マカは植物ではありますが、肉類を圧倒するほどに多いアミノ酸を含むため、妊活サプリの中心的な役割を担ってくれます。

 

身近な植物原料としては、タンポポが使われることがあり、実際に有用性が注目されています。天然のタンポポに含まれる成分は、鉄分などのミネラルをはじめとして、ビタミン類も豊富なことが特徴です。

 

多くの栄養素が入った妊活サプリが「ベルタ葉酸サプリ」です。
無添加処方で安心なので、とても人気があります。